読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suimonの音楽レビューブログ

コンピュータ将棋研究Blog運営者の別館です。

スポンサーリンク

宇徳敬子「満月〜rhythm〜」

シェアボタン

宇徳敬子の3rdアルバム。 

満月?rhythm?

満月?rhythm?

 

 1.Don't forget me

海辺の波音のSEからはじまる2分34秒の短い曲。

失恋の切ない感情が歌われている。

2.ふたりのseason

良質なポップソングといった趣。

アレンジも非常に丁寧に作り上げられている。

3.Higher〜青い空ねぇ〜

軽快で、聴いていると青空が思い浮かんでくる曲。

サビの「Higher」の部分でテンションが上がる。
4.Are you kidding

英詞中心のおしゃれなナンバーとなった。

詞のハマり方も自然で、まるで洋楽アーティストの曲を聴いているようだ。 
5.二人のために未来のために

別れの曲ではあるが、それは悲しい事ではないのだと教えてくれる曲。

未来のために生きていこうと考えさせられる曲だ。
6.Hideaway-逃亡者-

内省的な詞の世界ではあるが、曲のアレンジはハードな面もあり、力強さがある。

サビの一風変わった歌詞が印象に残る。

7.満ち潮の満月

イントロの壮大なストリングスアレンジから、ピアノソロへと続く芸術的な曲。

とにかく曲全体からスケールの大きさを感じる。

8.光と影のロマン(Album Version)

アニメ「名探偵コナン」のED曲としてヒットした有名な曲。

アルバムバージョンではイントロにストリングスによるアレンジが追加されている。

徐々に音数が増えていくアレンジとなっており、曲の最後で盛り上がりが最高潮に達する。

何度聴いても飽きの来ない曲となった。

9.忘れな草

ピアノに一本による独唱。

宇徳の歌唱力の高さをより感じることのできる曲である。

10.風のように自由 〜free as the wind〜(Album Version)

神秘的なイントロの雰囲気からエレキギターが重なり、次にベースとドラムが加わり、徐々にサウンドが太くなっていく。

 コーラスワークも非常に洗練されている楽曲だ。

11.Change your life

傷つくことを恐れず、勇気を持って一歩踏み出そうというメッセージが込められた1曲。

曲終盤の「Love」の繰り返しが印象に残る。

12.遥かなる道

長い人生の中でゆっくりと大切な人ともに歩んで生きたいと願う感動のバラード曲。

13.Love

ラストは1分42秒の短い曲。

「恋から愛に変わる 坂道の途中で」というフレーズが印象的な名曲。

総評

アルバム制作陣に有名ミュージシャンが多数参加した意欲作。

どの曲も大変クオリティが高く、何度でも聴いて味わいたい作品だ。

オリジナルアルバムとしてはこの作品を最後にしばらくリリースは途切れたが、2006年に4thアルバム「よろこびの花が咲く〜True Kiss〜」がリリースされ再スタートを切った。

2017年現在も精力的に音楽活動を続けている。