suimonの音楽レビューブログ

コンピュータ将棋研究Blog運営者の別館です。

スポンサーリンク

ZYYG「Noizy Beat」

シェアボタン

ZYYGの2ndアルバム。

Noizy Beat

Noizy Beat

 

 1.JULIA
1stアルバムからのサウンドの変貌が全面に出ている曲。

よりバンドサウンドを追及している。
2.Noizy Beat

アルバムタイトル曲。軽快なビートに乗って曲が進行する。
3.Rendezvous

アカペラのイントロが印象的なナンバー。

個人的にも聴いていて心地よく、とても好きな曲である。
4.Real imitation

ギターのリフ、ベースラインともにカッコいい佳曲。
5.最初で最後のLove song (album ver.)
これまでのZYYGにはなかった感じのバラード曲。

サビを情熱的に歌い上げる高山が印象に残る。
6.Dreamer

ファンの間で人気の高い曲。サビが爽快な曲で疾走感にあふれている。
7.POOR BOY

イントロのベースがカッコいい。非常にテンポの速い曲だ。
8.たった一度のHonesty

こちらも#5に続いてバラード曲。壮大なバラードだ。
9.NO MERIT LOVE

曲間で挿入される女性の声がアクセントになっている。
10.Ecstasy

軽快なビートに乗った曲。抑えきれない恋愛感情を歌い上げている。
11.ぜったいに 誰も

スラムダンクのタイアップにもなった、第二期ZYYGの幕開けとなった曲。

灼熱色の眼差しで

BORO BOROになるまで駆け抜けてやる

という情熱的な歌詞が印象に残る。

王道のロック曲だ。

総評

1stアルバムからのメンバーチェンジを経て、新生ZYYGのサウンドが堪能できる一枚だ。約50曲の中から激選されたこの11曲はどれもインパクトが強く、どの曲も印象に残る作品となった。