読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suimonの音楽レビューブログ

コンピュータ将棋研究Blog運営者の別館です。

スポンサーリンク

シャ乱Q「GOLDEN Q」

シャ乱Qの6枚目のアルバム。

1.Baby! I Need You

アルバム冒頭にふさわしい、スピード重視の勢いを感じる曲。

キーボードのアクセントが曲を引き立たせており、今までのシャ乱Qからアレンジ面での進化を感じさせられる。
2.大阪エレジー

アルバム曲ながらテレビ番組や25周年記念ライブでも演奏される、非常に人気のある曲となった。

シャ乱Qメンバーの故郷、「大阪」への愛が感じられる一曲になっている。

アレンジ面では、はたけのギターリフが随所で利いており、本アルバムの中でも完成度の高い一曲となった。
3.泣かないで

キーボード主体のおとなしめのアレンジ。

元恋人との痛切な別れを感情を込めて歌い上げている。
4.脱出

まこと作詞による、ライバルに負けたくないという気持ちを綴った一曲。

ロックテイストながらピアノのアクセントも効いており、シャ乱Q独自の絶妙なアレンジとなった。
5.こんなにあなたを愛しているのに
シングル「いいわけ」のc/w曲。

カップリング曲ながら大変人気のある楽曲である。

禁断の恋愛がテーマになっており、歌詞も高く評価された。

曲全編で繰り広げられる切ないギターリフが印象的。
6.ネオン

今までのシャ乱Qにはなかったようなアレンジで新境地の一曲となった。

たいせーは鍵盤ハーモニカで本曲を演奏している。

歌詞のテーマは今住んでいる街を抜け出すという趣旨でどこか哀愁を感じる。
7.いいわけ

シャ乱Q絶頂期にリリースされたシングル曲だが、本曲が最後のミリオンセラーに近いシングルとなった。

どこか後ろ向きな男性目線の歌詞が支持された。

アレンジ面では激しいドラミングやギターソロを聴かせており、シャ乱Q史上でも最もハードな楽曲となった。
8.純愛II

作詞まこと、作曲はたけによる大人の香りがする一曲。

ベースラインが一際目立っており、曲の世界観とアレンジが絶妙なマッチングをみせている。
9.ジェラシー
本曲も前曲に続いて作詞まこと、作曲はたけによる楽曲。

ピアノを基調とした洗練されたアレンジが聴きやすい。

本曲は曲間奏で、はたけによる笛の演奏が聴ける非常にレアな一面もある。
10.COCORO

歌詞の内容はつんくのデビュー初期の実体験が元となっている。

アレンジ面では練られているが、歌詞の内容は賛否両論がファンの間でも分かれそうな一曲ではある。

つんくのどこか力を抜いた歌い方も特徴的である。
11.雲

本曲はまことが演奏に参加していないという変わったコンセプトとなっている。

どこか哲学的なつんくの歌詞が独特な雰囲気を醸し出している。

はたけによるアコースティックギターの演奏は珍しい。
12.泣ける話

はたけのギターがアレンジの核となったライブ映えする一曲。

まことによる歌詞も一筋縄ではない男女の恋愛をテーマとしており聴きごたえがある。
13.涙の影

前シングルの「いいわけ」よりセールス的にはダウンしたものの、ファンの間では根強い人気のあるバラード曲。

ストリングスアレンジを基調とし、そこにはたけの切ないも力強いギターリフが絡んでいく。

つんくの歌詞は過去のさまざま人との出会いを懐かしみつつも、少しずつ前に進んでいこうという意志を感じさせられる。

本曲のギターソロは私的にはシャ乱Q史上でも珠玉の出来だと感じている。
14.ホワイト

アルバムラストを飾るのは8分16秒という邦楽では異色の長さの一曲となった。

同じ所属事務所の森高千里がドラムの一部で参加している。

複雑な曲構成ながら、アレンジの練られ方は相当なものでスケールの大きい一曲だ。

歌詞は生き方に深く悩みつつも、好きな女性の事を想う主人公の生き様が描かれている。

総評

前作「 勝負師(ギャンブラー)」から売り上げはダウンしたものの、私の中ではシャ乱Qのオリジナルアルバムでは最高傑作という認識である。

まず、つんくの声が非常に安定していて伸びやかである。

サウンド面でもアレンジが緻密に練られており、飽きのこない作品となっている。

それぞれの楽曲でサウンドの核となるメンバーがいて、そういった面からもシャ乱Qは5人のメンバーで絶妙なバランスを保っていたのだなと感じられる。

ただ、本作品以降シャ乱Qは作品をリリースする度にセールス的には苦戦していくこととなった。

当時の音楽シーンは全体的にも非常に盛り上がっていた時期で人気の移り変わりも激しかった。

シャ乱Qはその波にセールス的には飲まれてしまったと言える。

そしてその後、ラストのオリジナルアルバム「孤独」がリリースされることとなる。

GOLDEN Q

GOLDEN Q

 

 

ZYYG「SWEET PUNKS」

ZYYGの3rdアルバム。

1.SO WHAT?

冒頭を飾るのはノイジーなギターのイントロから荒々しいドラムとベースが絡んでいく緊迫したナンバー。

自分にサジを投げてはいけないという高山の強いメッセージが伝わってくる。
2.MAD CITY GANG

ZYYG流のパンクロックが炸裂した、このアルバムの中でも象徴的な一曲。

歌詞も一歩間違えば危険な内容ながら、それでもZYYGらしいイキの良さを感じる。
3.WEATHER LOVE

年上の女性との少し危ない恋愛模様を歌い上げている。

ただ、最後では一途な主人公の想いも感じられる曲となっている。
4.渾身

実体験なのか?と感じられるほど工場勤務の1日の流れがリアリティのある歌詞でつづられている。

サウンドも無駄を注ぎ落とし、シンプルかつカッコいいアレンジとなっている。
5.TOKIO SLAM

ブルーカラーの仕事を朝から晩までこなしたり、ファーストフードで食事を済ましたりといったどこかアウトロー的な歌詞が印象に残る。

後藤のギターも曲全編で冴え渡っている。
6.LULLABY(album ver.)

「卒業」をテーマにしたシングル曲。

さまざまな場面で訪れる「卒業」をピックアップして歌詞にしている。

アルバムバージョンは曲の尺の長さがシングルバージョンから少し変更された。
7.BORN TO BE COOL

「誰に嫌われても気にしない」といった歌詞などから随所に高山らしさを感じるナンバーだ。

恋愛感情に陥っていく自分に戸惑いつつも、好きな女性を笑わせたいという意外な一面も垣間見れる。
8.SERIOUS

アルバムの中では打ち込み的な音も入っており、歌詞の世界観も踏まえて異色の楽曲となった。
9.Something(album ver.)

このアルバムの核とも言える王道のロックを聴かせてくれるシングル曲。

しっかりしたバンドサウンドでメンバー各々のポテンシャルの高さを感じる一曲だ。
10.LADY MOON

一途な恋愛感情を歌い上げた、アルバム曲ながら完成度の高い佳曲。

シンプルなバンドサウンドながら主張するときは主張する後藤のギターテクニックが光る。
11.この情熱のそばで

ラストはZYYGとしては最後のシングルとなってしまった「この情熱のそばで」。

アコースティックギターとエレキギターの絡みが絶妙でかつ、高山の切ない歌声も魅力的な一曲である。

総評

2ndアルバムからさらに進化し、ZYYGサウンドが堪能できる1枚となった。

基本的に打ち込みは使わず、メンバー4人の創り出す音によって楽曲が成り立っているのが見事だ。

高山の歌詞も3rdアルバムが1番本音が出ているのではないかと思わせられるほど「等身大」の歌詞の世界観を感じることができる。

このアルバムがオリジナル作品のリリースとしては最後になってしまったZYYGだが今もなお根強いファンは多く、このアルバムも愛され続けている。 

SWEET PUNKS

SWEET PUNKS

 

 

 

REV「REV」

REVの1stアルバム。

1.抱きしめたい

サビから始まる出だしのインパクトが強い2ndシングル。

ギターを中心にハードなアレンジだが、出口のボーカルもそれに負けない迫力がある。
2.I just fall in love

ギターサウンドとキーボードのアクセントが主張するアルバム曲。

激しい恋愛感情が歌われている。
3.甘いKiss Kiss(Album Mix)

スマッシュヒットした1stシングル。

曲の全編で使われるオケヒットが時代を感じるが、今の10代には逆に新鮮に感じられるかもしれない。

キャッチーなサビのメロディーであり、カラオケでもたくさん歌われたであろう。
4.こわれながら美しくなれ

出口のボーカルから始まる情熱的なメッセージソング。

「昨日よりももっと今日は輝いていたい」という気持ちが伝わってくる良曲だ。
5.Marie

淡々と奏でられるピアノのイントロが印象的なナンバー。

失恋の痛みが忘れられない主人公の情景が浮かび上がってくる歌詞が秀逸。
6.もう誰も愛さないなんて言わないと誓う

長い曲名はビーイング系の当時の流行りのようなものだろうか。

テンポを落とした曲でギターのアレンジも他の曲より少なくなって落ち着いた雰囲気の曲となっている。
7.灼熱~I can't stop my heart

イントロからオケヒット連発のビーイング系王道アレンジのアップテンポナンバー。

ライブで盛り上がりそうな曲だ。
8.Catch Dream

Aメロでのキーボードと少しエフェクトがかかった出口のボーカルが印象的なナンバー。

歌詞は前向きで夢を叶えようという意志が伝わってくる。
9.果てしない夢を(REV Version)

有名なビーイング系アーティストが集結した楽曲「果てしない夢を」のREVバージョン。

原曲でも出口は作曲とボーカルで参加していた。

よりシンプルなビーイング系らしさを感じられるアレンジとなっている。
10.つめたい風が吹くたびに 君のぬくもりを知る

ラストは#4の系譜を継いだ情熱的な曲となっている。

恋愛初期の抑えきれない感情が歌い上げられている。

総評

元GRASS VALLEYボーカル出口雅之のビーイング移籍後の1stアルバム。

REVというアーティスト名ではあるが実質は出口のソロプロジェクトという形態での活動だった。

まず特徴的なのが出口の持つ特徴的な声質だろう。

そして情熱的な歌詞も魅力的なアーティストだ。

本作品はアレンジを葉山たけし氏が務めており、90年代ビーイング系らしさを感じられる楽曲群となっている。

収録曲は10曲と少なめながらどの曲も内容が濃いのでボリュームを感じられる作品となった。 

REV

REV

 

 

上木彩矢「Secret Code」

上木彩矢の1stアルバム。

1.Communication Break
ZYYG、後藤氏による編曲の1stシングル。

全体的にロックテイストではあるがアコギをフィーチャーしたアレンジが特徴的だ。
2.ピエロ

B'zのメンバーが楽曲提供した、2ndシングル。

上木の曲の中でも知名度はかなり高い。

まさに稲葉調といった歌詞をうまく上木が自分のものとしているのは見事だ。
3.もう君だけを離したりはしない
アニメ「名探偵コナン」のエンディング曲して採用された、3rdシングル。

打ち込み主体ながらサビでは重厚なギターリフを聴かせてくれる。

上木の歌唱も伸びやかで聴きごたえがある。
4.Secret Code
アルバムタイトルにもなった大野愛果作曲の曲。

複雑で歌いこなすのは難しい曲調だが、上木は見事に歌い上げている。
5.Bounce, Bounce, Bounce
変わったMixのイントロが印象的な曲。

イントロが終わると一気に爽やかなロック曲となる。

ライブで盛り上がりそうな曲だ。
6.プライド オブ プレイス
ヘビーなギターリフと様々なギターの音色が印象的な曲。

どこか遊び心のある歌詞も特徴的だ。
7.夏のある日
「生きてゆくという事は きっとそれは強さなんだ」という歌詞から始まるメッセージ性の強い歌詞が記憶に残る曲。

全編日本語による歌詞もこの曲の持つテーマに沿っておりアルバム曲ながら佳曲である。  
8.I Sing This Song For You
3分弱という短めのパンクロック調の曲。

ライブで盛り上がりそうな曲である。
9.傷だらけでも抱きしめて
3rdシングル「もう君だけを離したりはしない」のカップリング曲。

T-BOLANの曲名に似ていることが当時話題になった。

どこか90年代ビーイング系の香りを感じるギターリフでもありながら、00年代GIZAサウンドの持つ打ち込みサウンドの良さも取り入れられている。
10.Believe in YOU
作曲はdoaの大田氏。

コーラスでも曲中で参加している。

ギターサウンドの迫力に負けない上木の歌唱力が光る。
11.Can't stop fallin' in LOVE
元Naifuの森下氏が編曲。

イントロのギターリフなどにその特徴がよく現れている。

一聴で耳に残りやすいキャッチーなサビが特徴的だ。
12.Changing The World
ギタリストのBonn氏が編曲を担当。

ここまでのアルバムの流れではみなかったテンポを落としたロックバラードとなっている。
13.フレンズ
作詞:上木彩矢 / 作曲:大野愛果 / 編曲:葉山たけし

上木の独唱から始まるスケールの大きい曲。

コーラスをふんだんに使ったアレンジが曲の良さを引き立たせている。

Bメロのフェードアウトしていく輪唱もあまりみない試みで特徴的だ。

曲が進むにつれ盛り上がりを見せ、収束も見事である。

上木の持つ高い歌唱力を引き出した作家陣の手腕の高さも光る。
総評

GIZA期待の大型新人として上木彩矢の注目度は当時は相当なものだった。

そんな上木の1stアルバムはロックを中心とした芯の通った作品となった。

90年代ビーイング系の良さと00年代GIZAサウンドの良さを融合したようなアレンジが当時の最新鋭のサウンドとして記憶に残っている。

特に#13の「フレンズ」はシングル曲ではないもののその完成度は高く、とても評判がよかった。

多くのガールズロックファンに聴いてもらいたいアルバムである。

Secret Code

Secret Code

 

 

大野愛果「Silent Passage」

大野愛果の3rdアルバム。 

提供曲のセルフカバー作品である。

曲名後の()内は原曲アーティスト。

Silent Passage

Silent Passage

 

   1. Get U're Dream (ZARD)

アレンジャー池田大介氏による壮大なストリングスアレンジのイントロから曲が始まる。

全編ストリングスを中心としたアレンジで大野の歌唱力がより際立つことになった。
  2. key to my heart (倉木麻衣)

コーラスワークが何重にも重なってきれいな曲となった。

アレンジも優しい音使いとなっており、曲の雰囲気に合っている。
  3. 笑顔でいようよ (三枝夕夏 IN db)

原曲よりも打ち込み主体となり現代風のアレンジとなった。

アレンジを担当したのはGARNET CROWの岡本氏。
  4. Time after time ~花舞う街で~ (倉木麻衣)

GARNET CROW、古井氏によるピアノ主体のアレンジ。

京都の香りを感じる原曲の雰囲気を失うことなく、素敵なアレンジとなっている。
  5. 静かなるメロディー (竹井詩織里)

Sensation、大楠氏によるアレンジでアコースティックギターが随所で織り交ぜられている。

落ち着いた気持ちになれる曲である。
  6. かけがえのないもの (ZARD)

ピアノ一本によって大野の歌唱が引き立ったアレンジとなった。

終盤にコーラスが加わり曲に厚みが増していく。

最後の大野の伸びやかな歌唱には感嘆する。
  7. beginning dream (菅崎 茜)

どこか不思議の国に迷い込んだかのような気分になるアレンジ。

これまでの曲には少なかったエレキギターもアレンジの中に加わっている。
  8. 君去りし誘惑 (上木彩矢)

原曲の持つ疾走感はそのままに打ち込み主体の軽快なアレンジとなった。

曲中の随所で鳴っているシンセサイザーの音がビーイング風でもあり特徴的だ。
  9. 1000万回のキス (倉木麻衣)

4つ打ちのダンス・ミュージックのアレンジ。

これも現代的なアレンジだ。

このようなダンス系はビーイングでは比較的珍しいアレンジのジャンルと言えるかもしれない。
  10. Forever You ~永遠に君と~ (愛内里菜)

doa、徳永氏によるテクノの要素も含んだアレンジ。

曲中で七変化する大野の歌唱法も聴きどころとひとつとなっている。
  11. 君の涙にこんなに恋してる (なついろ)

パーカションを取り入れた、アコースティックな雰囲気のアレンジ。

このアレンジは大野の優しい歌声によくマッチしている。
  12. don't stop music (the★tambourines)

軽快なピアノとアコースティックギターを乗せたポップソング。

アレンジの完成度も高く、本アルバムの中でも珠玉の出来となっている。
  13. 夏を待つセイル(帆)のように (ZARD)

ギターテクニックに定評のあるSensation、大賀氏によるギター1本のシンプルながら深みのあるアレンジが印象的な一曲。

音数が少ないながら大野の歌唱力の高さ、曲のメロディーの良さもあり聴いていて心地よい。

フェードアウトも洗練されており、アルバムのラストにぴったりな曲となった。

総評

これまでの大野のアルバムと違い、本作品は全曲日本語によるセルフカバーとなった。

どの曲も原曲の良さを引き立てたアレンジとなっており、大野の作曲した作品が好きな人、また原曲のアーティストが好きな人も楽しめるアルバムになっている。

私が特に好きな曲は#13の「夏を待つセイル(帆)のように 」。

原曲も好きだが、本作品でのシンプルなアレンジもまた良さがある。

歌う人やアレンジが変わることにより、その曲の持つ良さがまた違った面で現れてくるのがカバーアルバムのよいところだと思うし、聴きどころでもあると思う。

次回作にも期待したいところだ。

小松未歩 「小松未歩 2nd 〜未来〜」

小松未歩の2ndアルバム。 

2nd?未来

2nd?未来

 

 1. 未来

結婚式で使われそうな純愛バラード。

二人の未来を前向きに歌い上げている。
2. anybody`s game

4thシングルのアップテンポナンバー。

初期の小松未歩らしく一風変わった歌詞の世界観が特徴的。
3. チャンス

5thシングル。

「コンプレックスも武器になる」とこの曲でも前向きな小松未歩の世界観が表現されている。
4. 氷の上に立つように

6thシングル。

アルバムバージョンではイントロのアレンジが変更されている。

ピアノの基調としたアレンジはGARNET CROWの古井氏による。(本アルバムの全アレンジを担当)。

名探偵コナンのタイアップ曲。
5. 手ごたえのない愛

DEENに提供した曲のセルフカバー。

DEENはハードロック基調のアレンジだったが、小松バージョンはテンポを落とし、音数も減らされたシンプルなアレンジになっている。
6. あなたのリズム

ギターサウンドに乗せた、不思議な歌詞の世界観という小松未歩節が全開の曲。

7. 1万メートルの景色

イントロから始まるシンセアレンジが往年のビーイング系王道サウンドを想起させられる曲。

曲全体の歌詞からは飛行機から見た外の風景が描かれているように感じる。

8. 涙

ここまでは比較的でアップテンポで前向きな曲が多かったが、ここで失恋の曲となった。
9. 静けさの後

言葉遊びがあるなど聴いていて楽しい1曲。

「ー この次は 首をへし折ってやる 覚えとけ ー」という強烈なジョークが印象的。
10. 願い事ひとつだけ

3rdシングル。

アニメ「名探偵コナン」タイアップ曲となった。

歌詞の世界観はコナンの新一と蘭の関係とマッチしていると思う。

ピアノの基調としたアレンジも詞とうまく噛み合っている。

11. Deep Emotion

ラストはギターとハンズクラップのイントロから始まる神秘的な曲。

小松未歩のボイスエフェクトも本曲のみ少し違っている。

曲全体に対する詞の量は少なめだがその分、一言ひとことのメッセージが強い。

総評

本作品は小松未歩の作品としては全作品の中で最大の売り上げとなった。

以下ウィキペディアより。

オリコン初動売上は20万枚を突破し、累積では60万枚、出荷枚数にして80万枚に達するなど、小松未歩のシングル及びアルバム全作品の中で、最大のセールスを挙げた作品となった。

私がこのアルバムの中で好きな曲は「未来」「1万メートルの景色」「願い事ひとつだけ」。

特に「願い事ひとつだけ」は当時アニメ「名探偵コナン」をよく見ていたので曲を聴いていると当時を思い出して懐かしくなる。

小松未歩の不思議な魅力が存分に感じられる本作品は今後も多くの人に聴き継がれるアルバムになると思う。

GARNET CROW「first kaleidscope 〜君の家に着くまでずっと走ってゆく〜」

GARNET CROWのインディーズミニアルバム。

first kaleidscope

first kaleidscope

 

1 君の家に着くまでずっと走ってゆく

のちにメジャー2ndシングルとしてリリースされた。

本アルバムではインディーズバージョンのアレンジとなっており、素朴な雰囲気がする曲調となった。

日常の何気ない生活の一部分を切り取ったかのようなAZUKIの歌詞だが、それでも「ハッ」とさせる表現が出てくるのが特徴的だ。
2 二人のロケット

この曲も、のちにメジャー3rdシングルとしてリリースされた。

ライブでもたびたび演奏された人気曲。

この曲の歌詞も日常感の感じられるもので恋愛模様をロケットに例えて表現されている。
3 Sky

荘厳な雰囲気のするイントロはのちにもGARNET CROWの得意分野となった。

詞の世界観も広く、スケールの大きさを感じる。

4thアルバムにおいて別バージョンで収録された。
4 dreaming of love

少しダークな雰囲気の世界観も彼らの得意分野であった。

インディーズの頃からすでにそのイメージが出来上がっていたとも言えるだろう。
5 永遠に葬れ

最愛の恋人との死別がテーマとなった悲しい曲。

ずっと心の中で言えなかった「さよなら」を恋人に告げる事で前に進んでいく。
6 A crown

ラストは何気ない生活から2人の幸せが感じられる曲。

のちにライブでも披露された。

「当たり前を 増やさないで」

という強く気持ちのこもったメッセージが印象に残る。

総評

メジャーデビュー前ながら、この頃からすでにGARNET CROWの深みのある世界観が作り上げられているのが感じられるミニアルバムとなった。

筆者はこのアルバムをメジャー2ndアルバムと同時期に購入して聴いていたが、両方ともとても気に入ったのを今でもよく覚えている。

GARNET CROWの原点から深く知りたい人には必聴のアルバムと言えるだろう。